男女の会計マナーについて

デートのときに困らない会計マナーについて考えよう

女性とデートしたとき、お会計をどのようにしたらいいかは、
男性なら誰でも迷ったことがあるのではないでしょうか。

 

「男性は女性におごって当然」と書かれている本もありますし、
実際にそう考えている人もいると思います。

 

しかし男性の側も、経済的に十分な余裕があれば別ですが、
いつも女性におごってばかりだと、苦しい人もいるでしょう。

 

そこで女性とデートしたときの会計マナーはどのようにしたらいいかを、
ここでは考えてみたいと思います。

 

 

「会計は男性が払う」という考え方の背景は?

 

「会計は男性が支払うもの」という考え方は、たしかにまだ現代日本に存在してはいますが、
もうずいぶん古いものだといえるのではないでしょうか。

 

昔ならば、女性が仕事をし、十分な収入を得るのは難しい時代がありました。

 

就職しても、事務員程度の職しかなく、
ましてや女性が一生仕事を続けるなど、まったく考えられなかったのです。

 

そのような時代には、男性の魅力とは、「経済力」が大きかったのは言うまでもないことです。

 

昔は女性にとって、結婚はある意味「就職」に近いところがありました。

 

そのような時代には、その「就職先」が経済的に安定しているのかどうかは、
重要な問題だと考えられたでしょう。

 

ところが現代では、その前提が大きく変化しています。
女性も職業人として仕事を続けることが、現代ではかなりのところ、できるようになっています。

 

実際付き合っているカップルで、男性より女性のほうが、収入が多いことも少なくないでしょう。

 

ですから昔とは、時代背景がまったく異なっているのですから、
「男性は女性におごるべき」
という考え方を、今でも固守する必然性は、薄くなっているといえると思います。

 

 

女性も「割り勘のほうがラク」と思う人もいる

 

現代の女性にアンケート調査などを行うと、もちろん
「男性におごってもらいたい」
と思う女性は少なくありません。
しかし半数近くの女性は、
「割り勘のほうが気がラク」
と答えるようになっています。

 

これはもちろん、女性が働いていることが前提です。
仕事をしていない女性は、収入がないのですから、お会計の支払いようがありませんからね。

 

ですから男性の側も、現代では必ずしも、
「デートのお会計は男性が払わなくてはならない」
と思う必要はありません。
場合によっては女性に割り勘にしてもらうことも、一向に差し支えないと覚えておくのが良いと思います。

 

 

「おごられなければ気が済まない女性とはデートしない」という考え方もアリ

 

ただもちろん、女性によっては、
「男性には当然のことおごってほしい」
と思う場合も少なくありません。
もちろん誰でも、自分が払うお金は、少しでも少ないほうがいいと思うものでしょう。

 

ただだからといって、
「それではやはり、男性がお金を払わなければいけないのか」
となるのかといえば、そうとは限りません。
「おごりを期待する女性とは、デートしない」
という考え方もあります。

 

世の中には、女性は星の数ほどいるわけです。
もしあまり女性におごりたくない、または経済的に、おごる余裕があまりない、という場合には、
「割り勘のほうが気がラク」な女性を選べばいいだけの話です。

 

女性にとって、男性は経済力も大切ですが、現代では昔ほど、
経済力がもつ意味は大きくない
と考えていいと思います。