会計を男性が保つ場合のマナーは?

男性が女性におごるときのスマートな会計方法とは?

デート代を男性が持ち、全額をおごる場合もあるでしょう。

 

現代は男女の力関係が均等してきたとはいえ、
やはり「男性がおごるべき」と考える女性が多いのは事実です。

 

男性が女性におごる場合でも、
やはりそれなりのマナーが必要となってきますので、注意が必要です。

 

 

「おごる」ことをさり気なく伝える

 

まず食事の前に、
「今日は女性におごる」
ことをさり気なく伝える必要があります。

 

これは、注文の際など、
「何でも好きなものを注文してください」
などと言葉を添えるのがいいでしょう。

 

このように言うことで女性にとっても、
「今日はおごりなのだ」ということがはっきり分かり、気楽に食事を楽しむことができるようになります。

 

食事の最後まで、今日は割り勘なのか、おごりなのか、
女性にわからないということは、どうせおごるのなら、避けたいところです。

 

 

女性が席を外しているときに会計する

 

女性に食事をおごる場合、できれば女性の前でお金のやり取りをするのは避けたいものです。
お金のやり取りを見てしまうと、相手に気を使わせることにもなってしまいます。

 

ですから食事が一段落し、女性が席を外している時などに、
会計を済ませてしまうのがスマートなやり方
です。

 

また逆に男性がトイレなどに立ち、
その際に一緒に会計まで済ませてしまうのも、やはりオススメの方法です。