「割り勘OK」という女性の見分け方

「割り勘OK」の女性を見分けるコツ

女性とのデートを割り勘にするのは、現代ではもちろんアリです。
現代では昔ほど、
「デートのお会計は男性が払わなくてはならない」
ということはありません。

 

ただその前提として、選ぶ相手の女性が
「割り勘でいい」
と思っていることが大切です。

 

現代でも、まだまだ
「お会計は男性に払ってもらいたい」
と思う女性は少なくありません。

 

そのような女性とデートしてしまったら、それはもちろん、
男性が女性におごらなければ、気まずい雰囲気になってしまうでしょう。

 

ですからデートを割り勘にするためには、
まずは「割り勘でいい」と思う女性を探さなければいけない
ことになるわけです。

 

 

「割り勘でいい」と思う女性の見分け方

 

堅い仕事をしている

 

女性がデート代を割り勘でいいと思うためには、まず仕事をしていることが第一に必要です。

 

仕事をしていない、家事手伝いなどの女性は、経済力の高い男性を得るために、
日夜努力することになっています。

 

そのような女性は、お会計を割り勘にするような男性は、ハナから相手にしないと思います。

 

ですからデートを割り勘にするためには、仕事をしている女性を選ぶことが第一に必要となりますが、
その仕事も、たとえば水商売を代表とするような、
顧客が男性ばかりの仕事をしている女性は、避けたほうが無難です。

 

お客さんが男性ばかりの職業に就いている女性は、
「男性がお金を払ってくれる」ことに慣れています。

 

ですからどうしても、プライベートでも、
「デート代は男性がおごって当然」と思うことになりやすいのが特徴です。

 

女性の仕事は、「普通の会社」など、堅いものであることが、デートを割り勘にするポイントです。

 

 

派手な格好をしていない

 

またデートを割り勘にできる女性を選ぶには、
「派手な格好をしていない」女性を選ぶことも、大きなポイントになってきます。

 

派手というのも、特に「男好き」するような格好をしている女性は避けたほうがいいと思います。

 

男好きな格好をする女性の目的は、もちろんのこと、
その格好をすることによって、男性から何らかのメリットを得ることにあります。

 

手近なメリットは、もちろん食事をおごってもらうことでしょう。

 

ですからそのような男好きする格好をしている女性とデートしてしまうと、
男性はどうしても、女性におごるハメにならざるを得なくなってしまいます。

 

 

面倒くさがりの女性

 

女性が男性におごってもらおうと思うと、やはり言うまでもなく、
それなりの段取りを踏む必要が出てきます。

 

男性に、「当然自分が払うものだ」と思わせるためには、
それなりの努力が必要になってくるわけです。

 

そのような段取りを踏むには、女性の側も、
かなり「マメ」である必要があるのは間違いありません。

 

面倒くさがりの女性は、そのような段取りを踏むのが面倒なので、
「それよりは割り勘がいい」

と思うことが多くなります。