割り勘にする場合のマナーは?

スマートな割り勘マナーとは?

「割り勘でOK」の女性を首尾よく見つけ、デート代を割り勘にする際にも、
もちろんスマートなやり方をしないといけないのは言うまでもありません。

 

「お会計をどのようにするか」は、男性の人間性を大きく示すことになりますから、
同じ割り勘にするのでも、格好わるいやり方をしてしまうと女性の印象が悪くなります。

 

そこでここでは、
「女性と割り勘にする場合のマナー」
についてまとめてみました。

 

 

レジ前でゴタゴタしない

 

まず大事なのは、レジの前でお金のやり取りをするなどゴタゴタしないことです。

 

レジは、あとから他のお客さんが並んでいることもあります。
またそうでなくても、忙しいお店の人の時間を、ゴタゴタすることで費やしてしまってはいけません。

 

ですからレジ前では、サッとお金を払うようにするのがスマートです。

 

とりあえずはレジでは男性がお金を払ってしまい、
お金のやり取りをするのはお店を出てからにする、などのことがいいでしょう。

 

 

あまり細かく割り過ぎない

 

また割り勘にする場合も、小銭の端数まで割るなどのことをしてしまうと、やはり女性から、
「細かいことまで気にしすぎる人」
という印象を持たれることになりかねません。

 

ですから女性に払ってもらうお金は、
端数は自分が払い、千円単位にするくらいにしておくのがいいでしょう。

 

割り勘といっても、やはり男性です。
女性より心持ち多く払うようにすることで、女性への配慮を見せることが可能になります。

 

 

店ごとに交互に支払うのも手

 

また割り勘も、一つの店で割り勘にするやり方の他に、
店をハシゴする場合なら、初めの店は男性が払い、
次は女性が払う、などのように交互に支払うという手もあります。

 

またどこかに出かけたりするのなら、食事代は男性が払い、
交通費は女性が払う、などというのもいい方法だと思います。

 

ただその場合、女性が多く払い過ぎないよう、気を使う必要があるでしょう。